プログラム概要

「次世代研究者育成プログラム」について

1.公募・選考


(1)公募
育成対象候補者は各大学において国際公募により募集します。異分野間交流を推進する観点から募集分野に制約は設けていません。現在募集中の公募情報は各大学のWEBサイトを参照してください。なお、育成対象候補者の資格は以下となります。

博士号取得後10年以内、40歳未満(文部科学省人材育成費補助事業に基づく公募のため)

北海道大学 人材育成本部 連携型博士研究人材総合育成推進室
東北大学 学際科学フロンティア研究所
名古屋大学 高等研究院


(2)育成対象者の選考
育成対象者の選考は、募集大学とコンソーシアムの2段階選抜で行います。
各大学で採用選考(一次選考)は専門性や業績を中心とした選考を行います。第二段階では、北海道大学、東北大学、名古屋大学の委員より構成される次世代研究者育成専門委員会が書類審査と面接審査を行い、育成対象者を決定します。

次世代研究者育成専門委員会において重視する審査の観点は以下のとおりです。

Ⅰ 研究の意義とアピール度
Ⅱ 留学計画の具体性と留学がもたらす波及効果
Ⅲ 次世代研究者育成システムの趣旨に沿った活動計画、抱負
Ⅳ コミュニケーション能力
Ⅴ 研究経費使途の妥当性


2.支援内容・育成プログラム


(1)支援内容
Ⅰ 採用者には、スタートアップ経費として最大500万円/年を雇用年度より2年間支給し(平成26年度~平成30年度 ※平成31年度以降は未定)、自立的研究環境の構築と研究推進を支援します。研究エフォートは60%以上としています。
Ⅱ 着任した部局等において1名のメンターを選任し、育成対象者のスムーズな研究開始と推進を支援します。

(2)育成プログラム
Ⅰ 育成期間中に原則6ヶ月の海外留学を義務付けその経費等(一部、もしくは全部)を支援します。
Ⅱ 異分野・異文化コミュニケーション能力の獲得などキャリア形成に関わる教育研修プログラムを提供します。


3.合同シンポジウム


年一回、三大学の理事、育成対象者、事業関係者(委員会関係者、事務部関係者)が一同に介する合同シンポジウムを開催しています。
【実施記録】
平成26年度 平成27年 2月3日 北海道大学
平成27年度 平成27年10月8日 東北大学
平成28年度 平成28年10月20日 名古屋大学
平成29年度 未定 北海道大学


4.人事制度


育成対象者任期は5年です。